• facebook
  • YouTube
  • 採用情報
  • 検索

みんなのニュース

山陰のニュース

鳥取など今年初の真夏日

鳥取や倉吉で今年初めての真夏日を記録するなど、山陰地方は各地で今年一番の暑さとなりました。
大型連休を迎え観光客でにぎわう鳥取砂丘。
夏のような強い日差しが照りつけ、砂の上はまさに焼けつくような熱さです。
鳥取市では午後2時前に、最高気温が30度に達し、今年初めて真夏日となりました。
鳥取市で4月に真夏日となったのは、2005年以来12年ぶりです。
30日の山陰地方は、南から暖かい空気が流れ込んだ影響で朝から気温が上がり、倉吉でも今年初めて真夏日となったほか、ほとんどの地点で夏日を観測、各地で真夏を思わせる暑さとなりました。

北朝鮮ミサイルで連絡会議

29日、北朝鮮が弾道ミサイルを発射したとの情報を受け鳥取県と島根県では被害がないかの情報収集にあたるなど対応に追われました。
このうち、鳥取県は9時から幹部が参加して県庁で情報連絡会議を開き、出張中の平井知事も大阪の関西本部から電話会議で参加しました。
連絡会議では、日本海で操業中の漁船などを含め被害の情報は入っていないことが報告されました。そして引き続き情報収集にあたり警戒を続けることを申し合わせました。
一方、島根県によると海上の漁船や練習船に被害の情報はなく島根原子力発電所も異常がないことを確認したということです。

「瑞風」盛り上げに地域おこし協力隊員着任

豪華寝台列車「瑞風」の停車駅に決まっている鳥取県岩美町の東浜駅で新しくオープンするレストランのスタッフに「地域おこし協力隊」の男性隊員が選ばれ、着任しました。

都会などから移住して地域活動に参加する「地域おこし協力隊」として、28日、岩美町に着任したのは、大阪府出身の横山貴俊さんです。
横山さんの岩美町での職場は、6月に運行を始める豪華寝台列車「瑞風」の停車駅になる東浜駅の隣りにオープンするレストランです。
岩美町では、これまで受け入れた地域おこし協力隊のうち任期を終えた4人全員が今も町内で暮らしていて、「瑞風」で盛り上がる町をさらに元気にする戦力として期待を集めています。

ページの先頭へ