予報志ism

コメントはこちらから

米子市で全国トップの37.3℃ 今週は連日の猛暑 熱中症に警戒 熱中症搬送件数は2.4倍超

8月2日は太平洋高気圧に覆われ強い日差しとフェーン現象が重なり、日本海側の地域で気温が上がった。

全国で最も気温が高かったのは鳥取県米子市で37.3℃、5位が鳥取県境港市で36.7℃、7位が島根県出雲市で36.5℃。

山陰地方では多くの地点で今年一番の猛烈な暑さになった。

 

気象庁によると、この猛暑は山陰両県で今週連日続く見通し。

熱中症による救急搬送件数は鳥取県で今年7月、少なくとも139件にのぼっていて、昨年の2.4倍以上となっている。

https://www.pref.tottori.lg.jp/147903.htm

 

また、気象庁の1ヶ月予報によれば、1年で最も気温が高くなる8月中旬にかけて、山陰地方は平年より気温が高くなる見込み。

https://www.jma.go.jp/bosai/season/#area_type=offices&area_code=320000&term=1month

 

熱中症にこれまで以上に警戒が必要。

コメントはこちらから

ページの先頭へ