9日頃にかけ『年越しの時の寒波より強い』非常に強い寒気が流れ込むとして、島根鳥取両県は台風並みの暴風と猛吹雪、高波に警戒を呼び掛けています。また今後、警報級の大雪の恐れもあるとしています。

気象庁は7日、山陰地方の広い範囲に『暴風雪警報』と『波浪警報』を発表しました。

非常に強い風が吹き始めていて最大瞬間風速は午前7時~8時にかけて、松江と隠岐空港で26.7m/s 浜田市で26.6m/s 大田市で21.1m/sを記録しました。

積雪は午前8時時点で米子で9センチ、境港で3センチと平地でも積もり始めています。

 

7日朝から8日朝にかけての予想降雪量は多い所で

【山地】鳥取東部:50cm 鳥取西部・島根:40cm

【平地】鳥取・島根:30cm 隠岐25cm

7日朝から10日朝にかけては最大で

【山地】鳥取東部:130~170cm 鳥取西部:110~150cm

    島根  :100~140cm

【平地】鳥取東部: 80~120cm 鳥取西部・島根:70~110cm

    隠岐  : 65~105cm

3日間で最大で平地では120cm、山地では170cmの降雪が予想されています。

気象台による今回の寒波の特徴は『長期間降り続く大雪と低温』です。

7日~9日にかけて雪が降りやすい状態が続きます。その原因が低温です。

鳥取松江で、8日の最高気温は0℃、最低気温は‐4℃と記録的な寒さが予想されます。

最大瞬間風速は台風並みの35m/s。波の高さは6mと予想されています。

気象台は雪による見通しの悪化や水道管の凍結などに注意を呼び掛けています。

下の画像は気象庁による7日21時の予想天気図です。西高東低の強い冬型の気圧配置となる見込みです。