過去のゼミ

■月別アーカイブ

過去のゼミをジャンルごとにチェック!

  • タイトルめざせ!しまねの漁師

    オンエア2020.09.14

    県内の漁業の担い手は20年前に比べほぼ半減。平均年齢も上昇し、担い手不足が心配されています。そこで県では、後継者確保のため研修や補助金制度を創設。
     番組では産業体験制度を活用し、自営漁業の仕事についている奥広樹さんを取材。
    神奈川県出身の34歳の奥さん、海が好きで漁師を目指し松江市島根町に家族と共に移住。
    地元の漁業組合の従業員として午前中は定置網漁、午後からは素潜りで生計を立てています。
    島根県沿岸の豊かな漁場を活かして、漁業に就きたい方の支援をする取り組みに注目します。

    関連情報

    島根県農林水産部水産課水産しまね振興室
    (沿岸自営漁業者になりたい方向けワンストップ相談窓口)
    ☎:0852-22-6293

  • タイトル安心!子育てするなら島根

    オンエア2020.09.07

    共働きの家庭の増加などによりニーズが高まっている放課後児童クラブ。
    その運営などにあたる放課後児童支援員の確保が課題となっています。

    番組では、松江市の放課後児童クラブ(民営)を取材。放課後児童支援員と児童との関わりを追いながら人材確保に向けた県の新しい取り組みを紹介します。
    また、県が今年度からスタートさせた子育てに配慮した住宅リフォームの助成制度を活用、家事負担軽減を図って、子育てをしやすくした浜田市の住宅も取材し、島根の新しい子育て支援を紹介します。

    関連情報

    島根県 子ども・子育て支援課
    ☎:0852-22-5795

    島根県 土木部建築住宅課
    ☎:0852-22-5485

  • タイトル開館20周年 しまね海洋館アクアス

    オンエア2020.08.31

    開館20周年を迎えた「しまね海洋館アクアス」を紹介。
    登場するのは、「幸せのバブルリング」で一躍有名になったシロイルカをはじめ、アクアスの人気を支える海の生き物たち!
    また、毎朝のエサの準備や、100種類以上あるというイルカのトレーニングなど、スタッフの奮闘ぶりにも迫りました。

    関連情報

    島根県立しまね海洋館アクアス
    TEL:0852-28-3900
    https://aquas.or.jp/

  • タイトル充実!Uターンライフ

    オンエア2020.08.24

    島根にUターンを考えている人たちに、無料の就職相談や面接時の交通費助成、さらに引っ越し費用を安く抑えるサービスなども提供している「ふるさと島根定住財団」。

    番組では、支援を利用し島根にUターンしてきた若い男女を取材。
    ふるさとで充実した毎日を送る2人にUターンのきっかけや無料の職業紹介など支援の感想を聞くとともに、オンライン相談など新たなサービスをはじめた「ふるさと島根定住財団」を通して若者のUターンを後押しする県の取り組みを紹介しました。

    関連情報

    島根県地域振興部しまね暮らし推進課
    TEL:0852-22-5687
    ふるさと島根定住財団
    TEL:0852-28-0690

  • タイトル島根にもいた!失われたゾウの世界

    オンエア2020.08.17

    今年で開館29年を迎える県立三瓶自然館サヒメル。
    サヒメルでは、9月27日まで世界で繁栄したゾウの進化や絶滅に至る過程を、実物の化石や復元模型で解説する企画展「島根にもいた!失われたゾウの世界」を開催しています。

    かつて日本列島にも生息したゾウの仲間たち。島根県でも4種類のゾウの化石が見つかっており、番組では、石州瓦の原料になる粘土層から見つかったミエゾウの歯・牙・下顎の化石、島根沖の海底から見つかったナウマンゾウの牙の化石などを学芸員の解説にクイズを交えて紹介。また、今年6月にリニューアルされたサヒメルの新しい魅力「火山時空シアター」「AR解説」も紹介しました。

    関連情報

    島根県立三瓶自然館サヒメル TEL(0854)85-0500
    「島根にもいた!失われたゾウの世界」 9月27日(日)まで

  • タイトル守ろう!水辺の希少生物

    オンエア2020.08.10

    今回のテーマは「守ろう!水辺の希少生物」。
    希少生物、宍道湖七珍の1つシラウオは、年々漁獲量が減少。食卓で見かけることも少なくなりました。
    ゴビウスではそんなシラウオを周年展示する全国唯一の水族館です。卵から人工繁殖に挑戦、近年では自然産卵法での繁殖にも挑戦しています。その他にも絶滅危惧種に指定されているタガメ、ワカサギ、シンジコハゼなどを紹介。
    希少生物の保護を考えます。

    関連情報

    島根県立 宍道湖自然館ゴビウス
    0853(63)7100

    開館時間/9:30~17:00
    休館日/毎週火曜日(祝日の場合は翌平日休み)

  • タイトル魅力向上!しまねの自然

    オンエア2020.08.03

    島根半島の東の端に位置する美保関町は「大山隠岐国立公園」に指定されています。
    全国34ある国立公園のうち、大山隠岐など8か所では、遊歩道の整備や体験プログラムの開発などを通じて、国内外の誘致につなげる「国立公園満喫プロジェクト」に取り組んでいます。
    今回は体験プログラムの一つとして、美保関灯台までの約4キロのトレッキングと
    海からの景観を楽しめるジオクルーズを体験し、しまねの自然の魅力をお伝えしました。

    関連情報

    島根県自然環境課
    TEL:0852-22-5724

  • タイトル農林業の担い手を育てる!~農林大学校~

    オンエア2020.07.27

    農林業の担い手を育てる島根県立農林大学校。
    大田市には農業科、そして飯南町には林業科があります。
    今年度は、社会人を対象とした短期コースも新設され、農業経営に必要な技術や知識などを集中的に学ぶことができるようになりました。
    番組では、農業科の実習を中心に、農林業をめざす若者たちを取材。また多くの学生が暮らす寮生活や、県内で農業の担い手として活躍する卒業生も紹介しました。

    関連情報

    島根県立農林大学校
    https://www.pref.shimane.lg.jp/norindaigakko/
    農業科TEL0854-85-7011
    林業科TEL0854-76-2100

  • タイトル泊まって安心!しまねの宿

    オンエア2020.07.13

    新型コロナウイルスの緊急事態宣言解除を受け、県内各地の観光施設では観光客の受け入れが始まっています。
    今回スポットを当てたのは、“宿泊施設”。
    新しい生活様式を取り入れ、ソーシャルディスタンスを守った接客方法など感染防止策を取りながら、観光業の復活を目指す宿泊施設の取り組みを取材しました。

    関連情報

    島根県商工労働部観光振興課
    TEL:0852-22-6323

  • タイトルひろげよう!しまねの有機農産物

    オンエア2020.07.06

    化学肥料や農薬を使わず堆肥などによる土づくりをした畑で栽培された有機農産物。
    商品には、第三者機関で認証された「有機JASマーク」が表示され、島根県の有機JAS取得農地は、全国トップクラスを誇ります。
     番組では、有機JAS認証を受けた畑で数多くの野菜(加工品)を生産する浜田市の「やさか共同農場」のほか、有機野菜の販売に力を入れている地元スーパー、また東京からIターンし、有機野菜づくりに取り組む男性などを取材。
    有機農産物への理解を深めるとともに生産拡大に向けた県の取り組みなど紹介します。

    関連情報

    島根県農林水産部産地支援課
    TEL:0852-22-5131
    https://www.pref.shimane.lg.jp/sanchi_shien/

  • TSK制作番組
  • ドラマ・映画
  • レギュラー
  • 月曜日
  • 火曜日
  • 水曜日
  • 木曜日
  • 金曜日
  • 土曜日
  • 日曜日

ページの先頭へ