予報志ism

コメントはこちらから

山陰平地で80センチ以上の積雪へ 29日中に備えを

山陰地方は数年に一度の大寒波が到来する影響で、30日夕方から大荒れ、大雪になる見込みです。

積雪・凍結による交通の乱れや停電、断水が大規模に発生する恐れがあり、29日中の備えが必要です。

上空1500m付近に氷点下12℃の数年に1度の大寒波が到来する影響で、30日から1月1日頃にかけて鳥取島根両県は記録的な大雪になる恐れがあります。

気象台によると

・30日朝から31日朝にかけての降雪量はいずれも多い所で、

 山間部は鳥取島根東部で50~70センチ、島根西部で40~60センチ

 平野部は鳥取島根、隠岐でいずれも20~40センチです。

・31日朝から1月1日朝にかけての降雪量はいずれも多い所で、

 山間部は鳥取島根東部で40~60センチ、島根西部で30~50センチ

 平野部は鳥取島根、隠岐でいずれも20~40センチです。

☆2日間合わせると30日朝から1日朝にかけての48時間の最大で

 山間部は鳥取島根東部で130センチ、島根西部で110センチ

 平野部は鳥取島根、隠岐でいずれも80センチとなっています。

また、雪はその後も降り続け、積雪はさらに増える見通しです。

降雪量と積雪は過去、ほとんど同じです。つまり、山陰の平野部で80センチ以上の積雪になる恐れがあります。

このため、車の立ち往生や停電、水道管凍結による断水、孤立する集落が多発する恐れがあります。

巣ごもりで数日以上過ごせるような備えが29日の内に必要です。

下の画像は気象庁より、大雪が始まる30日夜の天気図です。等圧線が狭く暴風が吹き荒れます。また等圧線が曲がっているところは、

日本海寒帯気団収束帯(JPCZ)が発生し、雪雲が連なって山陰地方に流れ込む恐れがあります。JPCZが停滞すると記録的豪雪になります。

山陰の平野部で積雪が80センチを超えると・・・

鳥取市で2017年2月11日に91センチ、米子市で2011年1月1日に89センチ、松江市では1971年2月4日の100センチ以来50年ぶりになります。

コメントはこちらから

ページの先頭へ