予報志ism

コメントはこちらから

暑さ寒さも彼岸まで?暦通り4連休から秋深まる

『暑さ寒さも彼岸まで』と言われますが、今年はその言葉通りに秋が深まりそうです。4連休は風邪をひかないよう暖かくしてお過ごしください。

気象庁の週間予報(15日5時発表)によると、今週30℃近くまで上昇する最高気温は、19日以降最高気温は平年並みの25℃前後に落ち着いてきそうです。最低気温も連日20℃を下回り、就寝の際は秋仕様にしなければ風邪をひいてしまいそう…。今朝、私は今秋初めて羽毛布団にくるまって寝ましたが、鼻水が出てきてしまいました(15日松江市の最低気温は17.5℃(今秋最低))。

この19日、4連休初日が今年は『彼岸の入り』です。4連休最終日は秋分の日で『彼岸の中日』にあたります。18日に寒冷前線が日本列島を通過、山陰地方は19日からは大陸の冷たい空気をもった高気圧に緩やかに覆われ、一層秋が深まりそうです。4連休は朝晩を中心に暖かくしてお過ごしください。特に山などへレジャーに行く方は、一枚上着を余分に持っていったほうが良さそうです。

松江市の最高気温の平年値は9月25日に24.9℃となります。平年値では6月4日以降25℃以上が3ヵ月半も続きます。平年値からもようやく夏日から解放され、『暑さ寒さも彼岸まで』となりそうです。

さて、最後に一つ気がかりな点が。4連休初日の19日は運動会が各地で開かれます(私の息子も小学校で運動会)。19日の天気予報は各社割れています。気象庁は『曇り一時雨』、日本気象協会は『曇りのち晴れ』、ウェザーニューズは『晴れ時々曇り』です。18日に寒冷前線が通過し雨が降り、20日以降は秋晴れという流れです。この移行期間にあたる19日は非常に予報が難しいのです。日本海側の地域は冷たい海風が前線通過後に入るので、一定期間『しぐれ』ます。この『しぐれ』を多めに予報しているのが気象庁で、小さめに予報しているのがウェザーニューズ、その中間が気象協会です。

■気象庁

http://www.jma.go.jp/jp/week/337.html

■ウェザーニューズ

https://weathernews.jp/map/html/shimane.html

■日本気象協会

https://tenki.jp/forecast/7/35/6810/32201/10days.html

山陰に住む人間からすると『しぐれ』は必ずあり、天気の回復はゆっくりです。19日は『曇り一時雨のち、晴れ』という感じでしょうか。空の様子を見ながら、雨の準備もして運動会に臨むことになりそうです。

TSKのニュースはプライムオンラインに掲載しています。

https://www.fnn.jp/category/news-tsk

関連記事(ラニーニャ発生で山陰はまたまた豪雪か?!)

https://www.fnn.jp/articles/-/83665

 

コメントはこちらから

ページの先頭へ