予報志ism

コメントはこちらから

迫りくるノロノロ台風並みの寒冷渦 長時間豪雨の恐れも

黄海にある渦を巻く低気圧は上空に寒気を伴い寒冷渦と呼ばれています。この寒冷渦はゆっくりと山陰地方に近づいています。

寒冷渦の特徴は上空の寒気の影響で大気の状態が非常に不安定になり、激しい雨や突風、竜巻などが発生しやすくなります。

さらに今回は、梅雨明け間近の太平洋高気圧に阻まれ、動きが非常に遅く、西日本に長時間、大雨をもたらす恐れが高まっています。

普段でさえ、梅雨末期の梅雨前線は危険な状態ですが、今年は寒冷渦、ノロノロ、これまでの大雨と三重苦の状態です。

予想通りに進めば、24日金曜~26日日曜にかけ、西日本各地で河川の氾濫・決壊、大規模な土砂崩れが発生してもおかしくありません。

4連休は安全な場所へできる限り早く移動、避難しお過ごしください。

気象衛星の画像は23日午前8時20分です。気象庁より。

 

コメントはこちらから

ページの先頭へ