予報志ism

コメントはこちらから

猛暑の夏へ ダブル高気圧で気象庁3ヵ月予報『気温高い』

24日気象庁が7月~9月の3ヵ月予報を発表しました。中国地方は3ヵ月ともに気温が高くなる見込みです。

太平洋高気圧とチベット高気圧ともに勢力が強まり、2つが重なる日本列島は猛暑になりそうです。

今年はマスクをつける人も多いため、例年以上に熱中症対策が必要です。

梅雨明けは平年同様7月21日頃か、少し早くなりそうです。

7月後半から、8月にかけてはダブル高気圧(太平洋&チベット)の勢力が強く、いつもより晴天が多く、猛暑の危険性が高まっています。

ちなみに、きょう24日は山陰地方は多くの地点で30℃を超え、真夏の暑さになりましたが、この6月は気温が高い状態が続いています。

松江市では6月の平均気温が22.6℃(24日時点)と歴代5位の暑さになっています。(統計開始は1941年)

残り6日で、さらに順位を上げ、記録的に暑い6月になるかもしれません。この6月は降水量も多く、気温も高く、極端な気象になっています。

下のURL、画像は気象庁の3ヵ月予報です。(6月24日発表)

http://www.jma.go.jp/jp/longfcst/pdf/pdf3/765.pdf

 

コメントはこちらから

ページの先頭へ