予報志ism

コメントはこちらから

山間部で一気に積雪増!車の運転は注意を

松江・鳥取両気象台によると、真冬並みの寒気が流れ込み、山陰地方は16日朝にかけて山間部で大雪の恐れがあります。

また、大気の状態が非常に不安定で、降雹や竜巻などの激しい突風、落雷にも注意が必要です。

あす夕方までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多いところで

鳥取県の山間部で40㎝、島根県の山間部で30㎝、鳥取県の平野部で10㎝、島根県の平野部で2㎝、隠岐で1㎝です。

大山では14日の夜から積もり始め、特に15日の夜以降一気に積雪が14㎝増え、16日午前0時時点で22㎝となっています。

また午前0時時点で、各地の積雪は奥出雲町横田で7㎝、飯南町赤名で2㎝など、山間部で久しぶりに雪が積もっています。

今シーズンは暖冬でタイヤを既に交換した方も多いかと思いますが、16日朝の運転は特に注意が必要です。

道路の状況は以下HPで詳しく見る事ができます。

島根県道路カメラ情報 http://www.roadi.pref.shimane.jp/

とっとり雪みちNavi http://yukinavi.net/index.html

 

下の写真は15日午後8時頃、松江市にあるTSK本社のお天気カメラがとらえた稲妻です。この落雷を境に、山間部で積雪し始めました。

『雪起こし』です。

コメントはこちらから

ページの先頭へ