予報志ism

コメントはこちらから

山陰全地点で1月史上最高気温 豪雪地帯鳥取は南国宮崎並み 『キャンプ』もできる?

2020年1月の月平均気温は鳥取島根両県の気象庁の観測地点全39か所全てで史上最高を記録しました。

 

 

松江市では20年1月の月平年気温が7.4℃、1989年1月に観測したこれまでの1位6.3℃を1.1℃更新しました。

また、松江市の1月の平年気温は4.1℃なので平年を3.3℃も上回りました。

最も暖かったのは浜田市で8.5℃でこれまでの1位を0.6℃更新しました。

日南町茶屋では山陰で唯一1月の平年気温が氷点下ですが、先月は3.2℃と平年をより3.5℃も高くなりました。

境港は統計が始まった1883年(明治16年)以来、最も高い8℃となり、138年間で最も暖かい1月になりました。

豪雪地帯であるはずの鳥取市は7.4℃を記録。火の国熊本の1月平均気温5.7℃を大きく上回り、南国宮崎市の1月平均気温は7.5℃に迫る暖かさです!

この暖かさなら、プロ野球のキャンプインさえ可能です。

気象庁の1か月予報によると、2月も気温が高く、暖冬が続く予想です。ただ2月5日~6日頃にかけては平野部で雪が予想されています。

暦は春になりますが、ようやく冬らしい冬がやってくるかもしれません。

コメントはこちらから

ページの先頭へ