• facebook
  • YouTube
  • LINE
  • twitter
  • 検索

予報志ism

コメントはこちらから

鳥取で1週間連続猛暑日は6年ぶり!

智頭で38.9℃と1978年、昭和53年の統計開始以来、最高の気温を観測しました。

鳥取市でも37.5℃と、先月30日から1週間連続で35℃以上の猛暑日となりました。

鳥取市で連続猛暑日を1週間以上記録したのは、

2012年7月30日から8月6日まで8日間連続で記録して以来、8年ぶりのことです。

ちなみに遡ってみていくと、連続猛暑日の記録は

2010年に8月2日~9日まで、8日間連続

2010年 8月19日~9月6日までの、19日間連続

1994年 8月7日~18日までの、12日間連続 など鳥取市では一週間以上猛暑日が続くことが稀にあるようです。

特に2000年は、盆明けから9月にかけて3週間近く猛暑が続くという異常事態でした。

しかし、この頃はまだ、熱中症がそれほど大きな問題になっておらず、今年ほど大きなニュースにはなっていませんでした。

しかし、その後の国のまとめで、この年全国で1700人以上が死亡したことなどがわかり、

近年は熱中症への関心が高まっています。

ちなみに、今の時期の鳥取市の最高気温の平年値は32.7℃です。

連日35℃を超えるということが、どれほど『異常』なことかわかるかと思います。

これだけ猛暑が続くと、だんだんと猛暑に対し鈍感になっていきますが、やはり、35℃以上は体にこたえますので、

水分や適度な塩分などで熱中症対策をお願いしますm(__)m

 

 

コメントはこちらから

ページの先頭へ