• facebook
  • YouTube
  • LINE
  • twitter
  • 検索

予報志ism

コメントはこちらから

まもなく立春!も暦は春も厳冬に逆戻り

2月2日、松江市は濃い霧に包まれ、島根県東部には濃霧注意報が発表されました。

さて、今週末から来週の寒波は、今シーズン最強です。

天気予報では主に、下層:上空1500m付近の寒気と、上層:上空5500m付近の寒気を参考にします。

今回の寒気は、

下層は先月下旬に宍道湖岸でつららができた時と同じ位。

上層は先月中旬に赤名で積雪1mを超えた時と同じ位です。

ということは、今回は…

下層が強いので、平地でもつららができ、水道管の凍結・断水が発生する可能性が高いです。

上層も強いですが、下層が先月中旬より強いので、不安定さが小さいので、先月中旬ほどの大雪にはならない可能性もあります。

ただ、今回は日本海に寒冷渦が発生し、等圧線が袋型状になる、『里雪型』の気圧配置が予想されています。

ということは、山間部より平野部で大雪になる恐れがあります!

しかもその状態は、来週いっぱい強弱をつけて続く見込みです。

長丁場になりますが、凍結、そして平野部でも今年一番の大雪に十分ご注意下さい!!

 

コメントはこちらから

ページの先頭へ