• facebook
  • YouTube
  • LINE
  • twitter
  • 採用情報
  • 検索

予報志ism

コメントはこちらから

水曜日は2年ぶりの真冬日か・・・氷点下1℃なら27年ぶり

1月22日、関東は大雪でしたが、松江は雨が降ったり止んだり。

今回の寒波はこれからやってきます!ピークは24日水曜日です。下層の寒気は今シーズン一番強く、

1月10日からの大雪より気温が下がる可能性大です。ということは、路面の凍結によるスリップ事故や水道管の破裂が相次ぐ恐れがあります。

WNIの最新の予報では、松江市の予想最高気温は氷点下1℃。

真冬日は2016年1月24日以来、2年ぶり。この時は宍道湖の手すりに水しぶきで大きなツララが多くでき、

浜田市や安来市などで水道管破裂による断水も多く発生しました。この時、松江市の最高気温は氷点下0.4℃です。

さらに、予想通り氷点下1℃まで下がったら、1991年2月23日(氷点下1.3℃)以来、27年ぶりの大珍事です!

この時、積雪は松江で25センチ、浜田4センチ、隠岐の島33センチを観測しました。

詳細の予報はあす発表されますが、大雪に加え、低温への注意が必要になりそうです!

水道管が凍結しないようにするためには、

一番は常に水を少しずつ流しておくことです。あす夜から朝にかけては心掛けておいた方が良いかと思いますm(__)m

下の写真は22日松江の夕焼けです。23日以降連日雪の予報です。次に夕日が見られるのはしばらく先になりそうです・・・

貴重な夕日

 

コメントはこちらから

ページの先頭へ