• facebook
  • YouTube
  • LINE
  • twitter
  • 検索

予報志ism

コメントはこちらから

あす(11日)朝は松江でも積雪20センチの恐れ

1月10日、山陰地方には今シーズン一番の強い寒気が流れ込み、大雪になっています。

山間部では午後8時の時点で、大山で〇センチ、飯南町赤名で〇センチとこの冬一番の積雪を観測しています。

一方で鳥取県東部はほとんど雪が積もっていません・・・

原因は氷点下12度から15度という(上空1500m)非常に強い寒気が、西回りで入ってきているためです。

このため島根県西部から雪となり、さらに風も西風になっているため、日本海から湿った空気が島根県にあたり、島根県で雪が降り、

鳥取県には雪雲があまり流れ込んでいない状況です。

この状況はあすも続きます。あまり雪に慣れていない、島根県西部の方は特に雪への注意が必要です。

このまま降り積もると、あす朝には島根県内の平野部で積雪が20センチを超える恐れも出来ています。

直近で積雪が20センチを超えたのは去年1月24日、鳥取市周辺で豪雪となった時、松江市でも39センチ積もり、

交通への影響が大きく出ました。あす朝は早めの行動で、安全運転、安全歩行で通勤、通学下さいm(__)m

コメントはこちらから

ページの先頭へ