• facebook
  • YouTube
  • LINE
  • twitter
  • 採用情報
  • 検索

予報志ism

コメントはこちらから

スーパームーン

12月3日から4日にかけて、満月が通常より大きく見える「スーパームーン」でした。

月が地球を回る軌道がやや楕円を描いているため起きる現象で、

地球からの距離が近いと大きく、遠いと小さく見えます。

国立天文台によると、今回が今年最大の大きさだったということ。

最も遠い距離の時に比べて14%大きくなり、明るさは30%増すということです。

スーパームーン@斐川

 

月の昇りはじめは、雲が広がっていてあまり見えまえんでしたが、徐々に雲が取れると見事な満月が…。しかしスマートフォンではあまりうまく撮れませんでした。

やはり生で見るのが一番でしょうか? うまく撮れる方法があると良かったです。

ちなみに2018年で満月が1番大きく見えるのは1月2日だということ!

晴れてくれることを願いましょう。

 

コメントはこちらから

ページの先頭へ