• facebook
  • YouTube
  • LINE
  • twitter
  • 採用情報
  • 検索

予報志ism

コメントはこちらから

梅雨前線…今夜が山場 『激しい雨』と『警報級の可能性』

7月25日、鳥取市鹿野ではきのう夕方、松江市ではきょう未明、出雲市ではきょう昼前、山陰各地で局地的な大雨になりました。

鹿野、境港では観測史上最大の雨量を観測しています。これまで経験したことがない雨、ですので、土壌も過去に経験したことないくらい、

水分を含んでいます。土砂災害に厳重に警戒して下さい。

さて、あすの予報は、鳥取で未明にかけ所により『激しい雨』、島根では昼過ぎから所により『激しい雨』です。

激しい雨とは時間雨量30ミリ~50ミリの雨です。

しかし、今月4日~5日かけ、島根県西部を襲った大雨の時も、『所により激しい雨』という予報でした。

予報が大きくブレると、災害級の大雨になる可能性を含んでいます。

そこで、気象庁は今年5月から『警報級の可能性』という予報の表示をスタートさせました。

予報が発表された時点では、警報が発表されていなくても、今後警報が発表される可能性があることを示しています。

ちなみに、今月4日~5日の『警報級の可能性』は『中』程度と表示されていました(『高』と『中』の2段階表示)

そして、今夜の『警報級の可能性』は島根県で『中』、鳥取県で『高』と、危険性が高まっています。

あくまでも、予報は島根県東部では『くもり 時々 晴れ 所により 昼過ぎ から 雨 で 雷を伴い 激しく 降る』

ですが、最新の予報、その場その場の状況を見て、判断をお願い致しますm(__)m。

松江夕方の雨模様

コメントはこちらから

ページの先頭へ