イベント・エンタメ

とっとりの乱世 ~因幡・伯耆からみた戦国時代~

開催期間2021年10月9日(土)~11月7日(日)
開館時間午前9時~午後5時
※入館は閉館の30分前まで
休館日10月25日(月)
会 場鳥取県立博物館 第1・第2特別展示室
観覧料一般:700円
前売:500円(一般のみ)
団体・大学生・70歳以上の方:500円
※次の方は無料。
高校生以下の方、学校教育活動での引率者、障がいのある方・難病患者の方・要介護者等及びその介護者
主 催とっとりの乱世展実行委員会(鳥取県立博物館、山陰中央テレビジョン放送株式会社)

チラシはこちら

■■TSK本社受付にて前売り券販売中■■

 前売券:500円 (販売期間~10/8(金)まで)

戦国時代の因幡・伯耆(今の鳥取県域)は尼子・毛利・織田氏などの大大名が知略を尽くした戦いの場、知られざる天下の「境目」です。乱世を物語る、重要文化財を含む県内外の古文書・武具・考古資料を一堂に集め、因幡・伯耆の100年にわたる戦国時代史を紹介します。

イベント情報

鳥取県域を構成した因幡(いなば)・伯耆(ほうき)国は、山名氏・尼子氏・毛利氏・織田氏などの強大な勢力をもつ大名同士が人知の限りを尽くして競い合う、「境目(さかいめ)」と呼ばれる紛争地域でした。一方で、因幡・伯耆の人々もこの乱世に果敢に立ち向かい、克服しようとしました。因幡・伯耆国の100年にわたる戦国時代史と、鳥取藩主池田家とその家臣たちの戦国時代の履歴をご紹介します。本企画展では鳥取県にまつわる戦国時代の古文書・武具・甲冑・肖像画などを、新出資料も含め多数展示します。

  • プロローグ 乱世のはじまりと因幡・伯耆
  • 1章 乱世に翻弄される因幡・伯耆
  • 2章 乱世を克服する因幡・伯耆(戦国末、尼子再興戦・毛利vs織田)
  • 3章 戦国期因幡・伯耆の文化・経済
  • 4章 鳥取藩池田家・藩士たちの乱世
  • 特別展示コーナー 戦国とっとりの合戦

関連プログラム

《シンポジウム》因幡・伯耆国の戦国時代史の今

10月17日(日)14時~15時30分

《歴史講座》二つの展覧会で見るとっとりの戦国時代(県博編)

10月17日(日)市博編 10時~12時

10月24日(日)県博編 10時~12時

講師:
石井伸宏(鳥取市歴史博物館)山本隆一朗(鳥取県立博物館)

《歴史講座》はじめてのお抹茶体験

10月31日(日)14時~15時30分

対象:
幼児~小学生(保護者同伴)
申込:
10月14日(木)~

《講演会》中国地域の戦国争乱と「境目」地域の民衆

11月3日(水・祝)13時30分~15時30分

講師:
山本浩樹(龍谷大学)

《歴史講座》花押のデザイン

11月7日(日)14時~15時30分

講師:
山本隆一朗(当館学芸員)
申込:
10月21日(木)~

お問い合わせ

鳥取県立博物館 学芸課 人文担当

〒680-0011鳥取県鳥取市東町二丁目124
TEL.0857-26-8044
FAX.0857-26-8041

ページの先頭へ