イベント・エンタメ

【鳥取県立博物館】ミュージアムとの創造的対話03 何が価値を創造するのか?

日 時2020年11月28日(土)~12月27日(日)
午前9時~午後5時(入館は閉館の30分前まで)
※休館日 12月14日(月)
会 場 鳥取県立博物館 2階 第1~第3特別展示室
倉吉サテライト会場
・Aコレクション・ストレージ(倉吉市和田東町121‐1 旧松本木工所)
・株式会社丸十 倉庫(倉吉市秋喜350‐23 西倉吉工業団地内 ※土日のみ開場)
観覧料 一般/600円 (前売・20名以上の団体・大学生・70歳以上/400円)
※倉吉サテライト会場は無料
※次の方は無料…高校生以下の方、学校教育活動での引率者、障がいのある方、難病患者の方、要介護者等及びその介護者
主 催創造的対話展実行委員会(鳥取県立博物館、山陰中央テレビジョン放送株式会社)

チラシはコチラ

企画展について

鳥取県立博物館は、昭和47年の開館以来今日まで、調査研究に基づく資料の収集や展覧会及び教育普及プログラムを通して、文化芸術を保存し、次世代へ継承していくための活動を行ってきました。これをさらに広げ、これからのミュージアムの可能性を開く試みとして、2017年にシリーズ展「ミュージアムとの創造的対話」を開始しました。本シリーズでは、ミュージアムを巡る問いを契機に、国内外の優れたアーティストによる実験的で多彩な表現を展示室の内外に展開させることで、思考を促し、人やモノ、場との対話を重ねながら、その現代的な意味を探ることを目的としています。
第3回目の今回は、ある個人コレクターのコレクションと、収蔵アーティストによる新旧作の展示を通じて、美術作品における「価値」とは何か、それはいつどのように作られるのかについて考察します。「アーティスト」たちは、自らのアイデアや知見を頼りに、様々な素材を用いて作品を制作し、新しい「価値」を提示する存在です。一方、「ミュージアム/美術館」は、作品を展示したり収蔵したりすることで、歴史的あるいは美学的な価値を認め、その作品の価値を定め、時には高める役割を果たします。「コレクター」もまた、作品に何らかの価値を見出し蒐集する点でミュージアムの姿と重なりますが、その動機や基準、目的は様々です。とりわけ同時代の作品をコレクションすることは、時代を先駆ける価値づけの行為とも言え、あるときは作品の理解者として、またあるときは作家の経済活動を支えるパトロンとして、大きな社会的役割を担ってきました。本展で紹介する「Aコレクション」は、1980年代から日本の現代アートを中心に収集が始まり、現在では数百点にのぼります。特徴的なのは、数十年にわたって特定の作家の活動を観察し続け、作品購入を通じた支援だけでなく、作家活動のアーカイヴやプロジェクトへの参画まで活動を広げていることです。
本展では、この秘蔵のコレクションを展示し、約30年にわたる収集活動の成果を公開することで、1980年代から2010年代にかけての日本の現代美術の歩みの一側面を紹介します。同時に、「コレクション」という集合体をめぐる現場をアーティストやコレクター、関係者そして鑑賞者とともに作品に寄り添いながら検証し、その可能性と課題について考える契機とします。

関連プログラム

《オープニング》アーティスト・トーク

本展出展アーティストが作品・展示についてお話しします。

日時:
11月28日(土)14時~
会場:
鳥取県立博物館 特別展示室
定員:
なし
料金:
要観覧料

《ゲスト・トーク》「文化芸術と価値創造」

PHスタジオ、BankART1929など、池田氏が手がけてきた文化芸術創造の実験的な取り組みや、原口典之をはじめとするアーティストとの協働プロジェクトについてお話しいただきます。

日時:
12月5日(土)14時~15時30分
会場:
Aコレクション・ストレージ
講師:
池田修氏(NPO法人BankART1929代表)
定員:
20名
料金:
聴講無料

《企画展関連》レクチャー「作家亡き後に作品を再現するということ」

場所の固有性を重視したインスタレーション作品の再設置についての事例とその課題について解説します。

日時:
12月12日(土)14時~15時30分
会場:
鳥取県立博物館 講堂
講師:
尾﨑信一郎(鳥取県立博物館副館長)
定員:
70名
料金:
聴講無料

《企画展関連》特別講演会「コレクションとアーカイヴ ー松澤宥・村岡三郎・原口典之を例に」

現代美術作品のコレクションとアーカイヴの現状と課題について、本展出品作家の村岡三郎、原口典之、松澤宥の作品を例にお話いただきます。

日時:
12月19日(土)14時~15時30分
会場:
鳥取県立博物館 講堂
講師:
松本透氏(長野県信濃美術館長)
定員:
70名
料金:
聴講無料

企画展関連企画 学芸員と巡るギャラリー・ツアー

本展全ての会場をめぐりながら、担当学芸員が作品を解説。

日時:
12月26日(土)10時30分~16時30分
会場:
鳥取県立博物館・倉吉サテライト会場
定員:
なし
料金:
要観覧料(倉吉サテライト会場のみご参加の方は無料)

[タイムスケジュール]

10:30~12:00
鳥取県立博物館
15:00~15:30
倉吉サテライト会場1:株式会社丸十 倉庫
16:00~16:30
倉吉サテライト会場2:Aコレクション・ストレージ

※各会場間は各自で移動してください。
※定員制プログラムは全て当日先着順。申込不要。

いっしょにみてみて、もくようび

展示室に小さなお子様とご一緒においでいただき、気兼ねなく作品鑑賞をしていただくための時間として、会期中の毎週木曜日の午前中を「子どもと一緒の鑑賞優先時間」としています。ベビーカーを押して、ぜひお越しください。

お問い合わせ

鳥取県立博物館 美術振興課

〒680-0011鳥取県鳥取市東町二丁目124
TEL.0857-26-8045 FAX.0857-26-8041

ページの先頭へ