• HOME
  • イベント・エンタメ
  • TSK開局50周年記念事業 ランス美術館コレクション 風景画のはじまりコローから印象派へ◆好評開催中◆

イベント・エンタメ

TSK開局50周年記念事業 ランス美術館コレクション 風景画のはじまりコローから印象派へ◆好評開催中◆

開催期間2020年9月12日(土)~2020年11月3日(火・祝)
開館時間[9月]10:00~日没後30分
[10月・11月]10:00~18:30
(展示室への入場は閉館30分前まで)
休館日火曜日(ただし9月22日、11月3日は開館)
会 場島根県立美術館
入場料日時指定入場券(一般:900円)
・観覧には事前の日時指定が必要です。
・日時指定は美術館ホームページにて8月12日(水)より開始。
◎パスポート会員、観覧無料の方(※)を含め、すべてのお客様に日時指定が必要です。
※小・中・高生の学校教育活動での観覧は無料
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、及びその付添の方は無料
主 催島根県立美術館、TSKさんいん中央テレビ、山陰中央新報社、SPSしまねグループ

フランス、シャンパーニュ地方の古都ランスは、歴代国王の戴冠式が行われた歴史とともに、その名の通りシャンパーニュ(シャンパン)の産地として知られています。その街の中心に建つランス美術館は、19世紀絵画とりわけ風景画コレクションが充実しており、特に、カミーユ・コロー(1796-1857)の作品は、ルーヴル美術館に次いで、数多く所蔵されていることで有名です。本展ではリニューアル休館中の同館コレクションにより、コローの傑作の数々をはじめ、バルビゾン派の画家たちやギュスターヴ・クールベ(1819-1877)、ウジェーヌ・ブーダン(1824-1898)、そして、クロード・モネ(1840-1926)、ピエール=オーギュスト・ルノワール(1841-1919)、カミーユ・ピサロ(1830-1903)ら印象派へと至る19世紀フランス風景画の流れを紹介します。

関連イベント

会場はいずれも美術館ホール(定員:95席/当日先着順、開場:各回30分前)
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、通常の半分の定員で開催します。

スライドトーク(担当学芸員による作品解説)

日時:
9月27日(日)、10月10日(土)
各日14:00~(45分)

※聴講無料

美術講座
「風景へのまなざし コローからモネへ」

日時:
10月25日(日)
14:00~(90分)
講師:
柳原一徳(当館専門学芸員)

※聴講無料

美術館キネマ①
「ピクニック」

1936年/フランス
本編40分+「リハーサル」15分
ジャン・ルノワール監督

日時:
10月4日(日)
①10:30~ ②14:00~

※鑑賞無料

美術館キネマ②
「炎の人ゴッホ」

1957年/アメリカ/122分

ヴィンセント・ミネリ監督/カーク・ダグラス主演

日時:10月18日(日)

   ①10:30~ ②14:30~

※鑑賞無料

新型コロナウイルスの影響等により内容が変更となる場合がございます。下記ホームページよりご確認ください。
https://www.shimane-art-museum.jp/

お問い合わせ

島根県立美術館

〒690-0049 島根県松江市袖師町1-5

TEL:
0852-55-4700
FAX:
0852-55-4714

チラシはこちら

ページの先頭へ