• facebook
  • YouTube
  • LINE
  • twitter
  • 検索

イベント・エンタメ

殿様の愛した禅 黄檗文化との名宝◆前売券好評販売中◆

日 時2019年10月5日(土)~11月4日(月・祝)
9:00~17:00(入館は閉館の30分前)
※休館日:2019年10月21日(月)
会 場鳥取県立博物館 第1・2特別展示室
観覧料一般:700円
前売り・団体・大学生・70才以上の方:500円
※次の方は無料…高校生以下の方、学校教育活動での引率者、障がいのある方、難病患者の方、要介護者等及びその介護者
主 催「黄檗」実行委員会(鳥取県立博物館、山陰中央テレビジョン放送株式会社)

江戸時代の鳥取藩の歴代藩主は、中国僧隠元和尚が伝えた臨済宗(りんざいしゅう)黄檗派(おうばくは、明治以後黄檗宗)という新進の仏教を信仰し、その菩提寺である興禅寺(こうぜんじ)は「黄檗三叢林」とされ高い寺格を誇りました。本展は、江戸時代鳥取における黄檗宗に光を当てる初めての試みで、鳥取の文化に大きな影響を与えた黄檗の歴史を紹介します。

イベント情報

Q1.「黄檗」って何?

黄檗(宗)とは、隠元隆琦という中国人の僧が立てた禅宗の一派です。鎖国体制下、承応3年(1654)に長崎へ渡来し、寛文元年(1661)京都宇治の地に中国風の黄檗山萬福寺をつくりました。
隠元とその弟子たちが伝えた中国文化は、将軍や大名のみならず庶民にとってもあこがれの外来文化でした。

Q2.鳥取と黄檗宗との関係は?

鳥取藩32万石の初代藩主池田光仲が黄檗宗を信仰し、その後藩内に広まり、最盛期には30ヶ寺を超える黄檗寺院が存在しました。また、池田家の菩提寺である興禅寺は、仙台藩の大年寺、萩藩の東光寺と並ぶ「黄檗三叢林」と称される日本有数の黄檗寺院でした。
米子城代で鳥取藩筆頭家老の米子荒尾家以下、たくさんの鳥取藩士たちも黄檗を信仰していました。

Q3.みどころは?

■黄檗僧の肖像画(頂相)

黄檗以前の肖像画は斜め向きに描かれるものでしたが、黄檗のものは正面向きで、顔は陰影を付けて正確に描かれました。そのリアルさは見る者を圧倒します。

■隠元の書

江戸時代、黄檗僧の書いた文字は「唐様」と呼ばれ、一世を風靡しました。

■黄檗ゆかりの名画

だれもが知る伊藤若冲や池大雅など黄檗ゆかりの画家の作品は必見です。

■歴史マニア垂涎!

歴代鳥取藩主肖像画と位牌が150年ぶり奇跡の再会!興禅寺の黄檗様の仏像もほぼ出陳されます。

関連プログラム

▼スペシャルオープニングイベント

日時:
10月5日(土)10:00~12:00
会場:
博物館エントランスホール、展示会場【申込不要、参加無料】
  • ◎黄檗青年僧の会による梵唄(ぼんばい)
  • ◎鳥取県立八頭高等学校書道部による書道パフォーマンス
  • ◎開会式
  • ◎担当学芸員による展示解説
     ※展示解説への参加は観覧料が必要

▼黄檗美術研究第一人者による特別講演会

日時:
10月6日(日)14:00~15:30
会場:
博物館2階講堂【申込不要、参加無料】
講師:
  • ◎錦織亮介氏(前福岡市立美術館長、北九州市立大学名誉教授)
     「黄檗宗と明清文化の流行」

▼黄檗と鳥取の関係をやさしくひも解くリレートーク

日時:
10月20日(日)13:00~16:00
会場:
博物館2階講堂【申込不要、参加無料】
講師:
  • ◎大嶋陽一(当館職員)
     「藩主菩提寺興禅寺と因伯の黄檗寺院」
  • ◎山下真由美氏(細見美術館)
     「興禅寺の涅槃図について」
  • ◎米谷均氏(早稲田大学)
     「黄檗僧と因伯寺院の鐘銘」

体験講座

▼黄檗の風薫る栗谷と興禅寺周辺を古地図ぶらり

日時:
10月13日(日)10:00~12:00
会場:
鳥取市栗谷町界隈(集合、興禅寺)
定員:
15名【9月26日(木)から電話による事前参加申込開始、参加費無料】

▼隠元さんが伝えた煎茶体験(2回開催)

日時:
10月27日(日)
  • ◎第1回/10:00~12:00
  • ◎第2回/13:30~15:30
会場:
博物館会議室
定員:
各回20名【10月10日(木)から電話による事前申込開始、参加費300円】

▼担当者による黄檗トーク(5回開催)

日時:
  • ◎10月6日(日)、12日(土)、20日(日)
     10:30~11:30
  • ◎11月4日(月・祝)
     10:30~11:30、14:00~15:00
会場:
展示会会場【要入場料】

前売り券販売所

販売期間:
8月5日(月)から10月4日(金)まで

■鳥取県 東部

県立博物館 受付/山陰中央テレビジョン放送株式会社鳥取支社/
今井書店 東部地区(吉成店・湖山店)/戸信(県庁売店・市立病院売店)/
とりぎん文化会館/定有堂書店/トスク 本店/鳥取大丸/
鳥取バスターミナル/鳥取大学 生協/白兎会館

■鳥取県 中部

今井書店 倉吉今井書店/倉吉博物館/パープルタウン/倉吉未来中心

■鳥取県 西部

山陰中央テレビジョン放送株式会社米子支社/今井書店 本の学校/
米子市美術館/米子コンベンションセンター

■島根県

山陰中央テレビジョン放送株式会社本社

お問い合わせ

鳥取県立博物館 学芸課 人文担当

〒680-0011 鳥取市東町二丁目124
TEL:0857-26-8044 FAX:0857-26-8041

チラシはこちら

ページの先頭へ