• facebook
  • YouTube
  • LINE
  • twitter
  • 検索
  • HOME
  • 放送番組審議会報告

放送番組審議会報告

平成29年度放送番組審議会

第523回放送番組審議会

開催日 平成30年02月20日(火)
審議番組 お嬢様~!プログラミング教育の時代でございます! ~社会が変わる!!Rubyが照らし出す松江市の未来像~
出席委員 廣澤 努委員
天野 郁夫委員
石野 陽子委員
妹尾 雅雄委員
木村 光哉委員
上田 理恵子委員
古藤 雅之委員
山内 政司委員
杉谷 健司委員
審議事項 ◆課題番組の審議
◆視聴者モニターリポートの紹介
課題番組概要 松江市政テレビ広報番組で、松江市発のプログラミング言語“Ruby”を使ったプログラミング教育や“Ruby”を通したまちづくりについて伝えた。
審議概要(主な意見) ・ユニークな番組タイトル名で視聴者に興味を引いてもらうという制作者の意図が伝わる
・“Ruby”を使ったプログラミング教育の様子やまちづくりなど市の取組みを分りやすく伝える番組構成だった
・固くなりがちな行政の話題をやわらかく見せるという努力がうかがえる

一方、
・番組を通じて誰に訴求したいのかが分かりにくかった
・お嬢様と執事という設定が一貫しておらず、中途半端な印象を受けた
・IT人材の育成では、学生のインタビューもあった方がいいといった意見も聞かれました。

第522回放送番組審議会

開催日 平成30年01月16日(火)
審議番組 TSKみんなのニュース年末スペシャル 山陰2017~喜怒哀楽~
出席委員 廣澤 努委員
天野 郁夫委員
石野 陽子委員
妹尾 雅雄委員
木村 光哉委員
上田 理恵子委員
古藤 雅之委員
山内 政司委員
杉谷 健司委員
審議事項 ◆課題番組の審議
課題番組概要 2017年に山陰で起こった様々な出来事を「喜怒哀楽」のキーワードで振り返り、今年3月に廃止が決定しているJR三江線についての中継も交えながら生放送で伝えた。
審議概要(主な意見) ・喜怒哀楽のキーワードで一年の山陰の出来事を振り返る構成は分りやすくてよかった
・JR三江線の課題では地元の取組みなどがんばっている姿が伝わった
・アナウンサーは落ち着いた喋り方でコメンテーターとのやりとりも自然な感じでよかった

一方、
・オープニングタイトルなど番組の演出面では、スペシャル感が少し乏しい印象を受けた
・選挙関係や産業廃棄物処分場の話題はキーワードの言葉と合っていないのではないかといった意見も聞かれました。

第521回放送番組審議会

開催日 平成29年12月19日(火)
審議番組 ヤッホー!
出席委員 廣澤 努委員
天野 郁夫委員
石野 陽子委員
糸賀 克己委員
木村 光哉委員
上田 理恵子委員
古藤 雅之委員
杉谷 健司委員
審議事項 ◆年末年始自社制作の特別番組の報告
◆課題番組の審議
課題番組概要 毎週土曜日の午前中に放送している自社制作の情報番組。課題番組となった今回は、この時期にぴったりの個性あふれる“あったか鍋”を特集。
審議概要(主な意見) ・出演者のチームワークの良さや和気あいあいとした雰囲気の中、番組全体はバラエティに富んだ内容でよくまとまっていた
・鍋の特集では、行ってみたい、食べてみたいと思わせる内容であった
・企業紹介コーナーは分りやすく楽しく視聴出来た

一方、
・オープニングのラインナップの紹介タイトルが一目では分りにくい
・料理コーナーでは、出演者の中身のない掛け合いがあり、料理の作り方を集中して見ることが出来ないといった意見も出されました。

第520回放送番組審議会

開催日 平成29年11月21日(火)
審議番組 TSKみんなのニュース
出席委員 廣澤 努委員
天野 郁夫委員
石野 陽子委員
妹尾 雅雄委員
糸賀 克己委員
木村 光哉委員
上田 理恵子委員
古藤 雅之委員
山内 政司委員
壺倉 真司委員
審議事項 ◆課題番組の審議
課題番組概要 毎日夕方に放送しているニュース番組。
全国ニュースと山陰地方のニュース・天気予報で構成。
審議概要(主な意見) ・全体を通して、バランスのとれた構成だった
・「金(きん)芽(め)米(まい)をシンガポールで販路拡大を狙うニュースでは、上手くまとめられていたが、もう少し掘り下げたり、ポイントを絞る方法もあった
・天気コーナーで翌日の天候をCGで紹介する画面は分りやすくて良い

一方、
・韓国で放送される鳥取県のPR番組の話題については、通訳の言葉と文字スーパーが異なっており、同時通訳を使う必要がなかったのではないか
・銀行の中間決算については、要因を捉えて、もう少し詳しく説明した方が良いといった意見も聞かれました。

第519回放送番組審議会

開催日 平成29年10月17日(火)
審議番組 わがまま!気まま!旅気分 RIDE ONとっとり!アクティブ&フィットネス鳥取横断の旅
出席委員 廣澤 努委員
天野 郁夫委員
石野 陽子委員
木村 光哉委員
上田 理恵子委員
古藤 雅之委員
山内 政司委員
壺倉 真司委員
審議事項 ◆課題番組の審議
課題番組概要 今回は、元全日本バレーボール選手でタレントの大林素子さんが鳥取砂丘や大山などのアクティビティ体験、グルメを楽しみながら鳥取県の旅の魅力を紹介する旅番組で、近畿・中四国地方やBSフジでも放送。
審議概要(主な意見) ・全体的に情報が沢山盛り込まれており、テンポもよかった
・目新しい乗り物も紹介され、新しい発見があった
・風景や食などがきれいに撮影されており、行ってみたい、食べてみたいと感じることが出来た

一方、
・カニやカヌー体験の紹介は、季節や旬がずれており、放送時期を考慮した方がよい。
・アナウンサーやナレーションのコメントについては、正しい言葉使いをもっと心掛けた方がよいといった意見も聞かれました。

第518回放送番組審議会

開催日 平成29年09月19日(火)
審議番組 ロバートとネゴシックスのヤッホィ! All for SANIN いつもとなんか違う拡大スペシャル
出席委員 廣澤 努委員
天野 郁夫委員
石野 陽子委員
妹尾 雅雄委員
木村 光哉委員
古藤 雅之委員
審議事項 ◆課題番組の審議
課題番組概要 TSKが8月26日・27日に開催したイベント「TSKエリ8祭り」の特別番組として、地域をテーマにIターン者に密着したコーナーやイベント会場からの生中継等で放送。
審議概要(主な意見) ・全体的に楽しい雰囲気が出ており、イベント会場からの中継など臨場感もあってよかった
・山陰へのIターン者に密着したコーナーはしっかりと取材しており、集中して見ることが出来た。

一方、
・出演者の掛け合いなどはもう少し息の合った展開が見られるとよい
・会場からの中継では、来場者のインタビューがあると更に共感が得られたと思うといった意見も聞かれました。

第517回放送番組審議会

開催日 平成29年07月18日(火)
審議番組 SUSANOO 新時代~B1昇格への軌跡~
出席委員 廣澤 努委員
石野 陽子委員
妹尾 雅雄委員
糸賀 克巳委員
木村 光哉委員
古藤 雅之委員
山内 政司委員
壺倉 真司委員
審議事項 ◆課題番組の審議
課題番組概要 Bリーグ島根スサノオマジックが今年5月にBリーグ1部昇格を達成した歴史的一戦の模様と昇格までの道のりを紹介した番組。
審議概要(主な意見) ・30分の限られた時間の中でよくまとめられていた
・盛り上がっている会場の雰囲気やハラハラドキドキする緊張感ある試合の様子が
番組を通して伝わってきた

一方、
・限られた時間ではあるが、試合とインタビューが中心の構成で物足りなさを感じた
・チームを支えたファンの声も取材した方がよかったといった意見も聞かれました。

第516回放送番組審議会

開催日 平成29年06月20日(火)
審議番組 FNSドキュメンタリー大賞参加作品 「揺れた 高齢化進むまち~鳥取県中部地震の半年~」
出席委員 廣澤 努委員
天野 郁夫委員
糸賀 克已委員
木村 光哉委員
上田 理恵子委員
古藤 雅之委員
壺倉 真司委員
審議事項 ◆7月新番組の説明
◆課題番組の審議
課題番組概要 去年10月に発生した鳥取県中部地震について、被災地では高齢化により直面する復興の課題、左官職人の後継者不足の問題や地域の自主防災組織が立ちいかないなど地震から見えてきた教訓を探ったドキュメンタリー番組。
審議概要(主な意見) ・番組のナレーションは声の質や語り口などがよく、BGMも番組内容と合っていた
・大社湯の女将さんのコメントや表情は印象に残るものだった
・左官職人の高齢化と後継者不足の問題に着目していた点はよかった

一方、
・高齢化というキーワードはあったが、テーマが散漫となっており、何を伝えたいのか分りにくい
・教訓というものが納得いくような示され方をしていないのではないかといった意見も聞かれました。

第515回放送番組審議会

開催日 平成29年05月16日(火)
審議番組 5月6日(土) 10:25~11:45 放送 「ヤッホー!」
出席委員 廣澤 努委員
天野 郁夫委員
妹尾 雅雄委員
木村 光哉委員
上田 理恵子委員
古藤 雅之委員
山内 政司委員
壺倉 真司委員
審議事項 ◆社外番組モニター制度の説明(平成29年4月のモニターリポート抜粋を紹介)
◆課題番組の審議
課題番組概要 毎週土曜日の午前中に放送している自社制作の情報番組。
課題番組となった今回は、「母の日にはコレ!」をテーマに母の日に贈るぴったりのグルメやアイテムを紹介。
審議概要(主な意見) ・番組冒頭の放送内容の告知については、分かりやすい
・全体的にはまとまっており、メリハリのある構成で見やすい
・料理は美味しそうに感じられる映像だった
・ツイッターを取り入れるなど新たな試みも見ることが出来た

一方、
・リポーターの感想について、正しい言葉使いや丁寧な言葉でのリポートを心がけるべきである
・豊富なコーナーで構成されてはいるものの、番組の中心となるコーナーが分かりにくいといった意見も聞かれました。

第514回放送番組審議会

開催日 平成29年04月18日(火)
審議番組 4月7日(金) 16:50~19:00 放送  「TSKみんなのニュース」
出席委員 廣澤 努委員
天野 郁夫委員
石野 陽子委員
木村 光哉委員
上田 理恵子委員
古藤 雅之委員
山内 政司委員
壺倉 真司委員
審議事項 ◆番組種別(平成28年10月~平成29年3月)の報告
◆課題番組の審議
課題番組概要 毎日夕方に放送しているニュース番組。
全国ニュースと山陰地方のニュース・天気予報で構成。
審議概要(主な意見) ・「合同入社式や桜の話題など、この季節ならではのタイムリーなニュースが
取り上げられていた」、
・「銀行の移動店舗車の導入や小学校に地域診療所が開設された話題は、中山間地域が抱える課題を
あらためて考えさせられるニュースだった」、
・「全体的にまとまっており、見やすい」などの意見がありました。

一方、
・「邑南町川角集落の花桃まつりのニュースでは、紹介する時間の制約はあるものの、
もう少し深く掘り下げ、取り上げるところもあった」、
・「コメンテーターは専門性を活かしたコメントがあった方がよい」といった意見も聞かれました。

ページの先頭へ