アナウンサー紹介

ミカのOrangeBOX

今年も素晴らしい対局を拝見できました!

3月4日土曜日、松江市の松江テルサにて・・・



第30回記念 富士通囲碁まつりが開催されました。
この大会は、富士通株式会社の協賛のもと開催されていて、
毎年会場には大勢の囲碁ファンの方にお越し頂いています。
私はかれこれ5年、司会を務めさせていただいています!




そんな大きな節目を迎えた今年は、会場びっしりにお客さんが!!
注目の高さが伺えました!
今回は、日本棋院所属の高尾紳路名人一力遼七段による対局でした!

簡潔に対局された棋士のお二人をご紹介させていただきますと・・・
高尾名人は、故・藤沢秀行名誉棋聖の門下で、平成17年から本因坊を3連覇。
平成26年には十段位と天元位を獲得、平成四天王の一人に数えられています。

一方、一力七段は16歳9ヶ月で棋聖戦のリーグ入を果たし、数々の史上最年少記録を更新中。去年の竜星戦では井山裕太棋聖を破って優勝するなど、囲碁界若手のエースと言われています。

お二人とも今回が富士通囲碁まつりは初参加
対局前のインタビューでは、島根に訪れた時のエピソードも!
一力七段は出雲大社に参拝されたそうです^_^
そして高尾名人は、美味しい山陰の味覚を堪能されたとのこと(^o^)
お二人とも山陰・松江を気に入っていただけたようで、ぜひまた来たいとおっしゃっていましたよ

さて、見ごたえのあった対局の方ですが・・・



その模様は、月12日 午後2時25分から

TSKで放送します(*^^*)
会場にお越しになった方は当日の熱気をもう一度振り返っていただき、会場に来られなかった方はぜひテレビの前でその白熱した戦いをお楽しみいただけたらと思います!

お楽しみに!!!



ページの先頭へ